JAPAとJSPA(日本小児麻酔学会)合同企画@第26回日本小児麻酔学会のお知らせ

日本周産期麻酔科学会会員各位

日ごろからお世話になっております.
さて,10月16-17日開催の日本小児麻酔学会では,大会参加者向けに日本周産期麻酔学会との合同企画を設けました.
慣れない企画にもかかわらず,講師と座長をお引き受けいただいた先生には感謝申し上げます.

■企画1「緊急時の胎児評価と対応」:分娩室での実践的な内容です.
麻酔科医が不慣れな胎児評価と病態についてご講演いただきます.

■企画2「産科救急と胎児」:日本麻酔科学会の産科麻酔ワーキング委員を務められた先生を中心に,
麻酔科医の役割と質の高い産科麻酔を考えていただきます.

この企画はWebのオンデマンドで2週間の視聴期間を予定しています.
すべての教育講演とワークショップをオンデマンドとしており,多彩な小児麻酔関係者のご講演があります.
https://www.c-linkage.co.jp/26thJSPA-ASPA2020/index.html

今後の学会活動の参考になりますので,視聴後にご感想を書き込んでください.
周産期には小児への理解は欠かせません.
早期参加割引を設けましたので,多くの先生のご参加をお待ちしております.

第26回日本小児麻酔学会会長
東北大学麻酔科 山内正憲

    コメントを残す