第一回日本周産期麻酔科学術集会

現地開催+オンディマンド配信

第一回学術集会は現地開催と後日オンディマンド配信が決定しました。

オンディマンド配信のみ参加でも参加証明書を発行いたします。オンディマンドは一般演題を含む全ての演題を予定しております。

J-CIMELSインストラクター養成コース併設第一回学術集会開催決定 (麻酔科医向けコース・学会特別価格)

JCIMELSインストラクター養成コース(麻酔科医向け特別企画) 
ベーシックコース(4時間)+ ベーシックインストラクターコース(4時間)
12名限定
両コースで15000円(通常各コース15000円)
母体急変時の初期対応:京都プロトコール2020」を中心に、急変への気づき、母体急変対応について、座学やスキル実習、シミュレーションを通して学ぶベーシックコースと
ベーシックコースのインストラクターになるためにシミュレーショントレーニングを中心としたコースでの指導のコツ、指導の内容、などを学ぶベーシックコースインストラクターコースを組み合わせた、1日でJCIMELSベーシックインストラクターになれる特別企画です。
 
午前のベーシックコースは受講者が麻酔科医と想定して総合病院内で発症した麻酔科管理が必要となった症例をシナリオに入れており、午後のインストコースでは産科医や助産師の陥りやすいピットフォールを麻酔科の先生方に知って頂くよう麻酔科医向けに設定された麻酔科医向けコースです。
 
申し込みは学術集会HPもしくは下のボタンより
 

無痛分娩をやったことがない麻酔科医対象のハンズオンセミナー

第一回学術集会では無痛分娩をやったことがない、始めてみようという麻酔科医の先生を対象にハンズオンセミナーを開催いたいます。内容は以下のように、講義の後3-4人のグループに分かれてインストラクター2人と手技のハンズオンとシュミレーションを行います。48名限定予定。残席わずかです。

  1. 無痛分娩の基礎講座(用意・同意書・モニターなど)
  2. 手技のハンスオン(穿刺からポンプセッピングまで)
  3. シュミレーションで学ぶトラブルシューティング(3−4症例)
  4. 質疑応答・振り返りディスカッション

150分、参加費8000円

    Upcoming Events

    PAGE TOP
    MENU